HOME

ドライバー、ロフト角の真実

 

非常識なドライバー選び

そしてこれは「非常識な」ゴルフ上達法

 

飛ばしたければ、ロフトが「大きい」

ドライバーを選ぶべし

 

 

プロのドライバーのロフトは5〜8°

 

飛ばしたいなら、ロフトの小さいドライバーで、低い弾道で打つべし!

というのが、ゴルフ界の常識だと思いますが・・・

 

実はこの常識が大きな間違いです

 

 

 

◆ 実はヘッドスピードによって、最も距離が出せるロフト角は変わる

 

例えばヘッドスピードが49m/sのプロゴルファーAさんの場合、

最大の飛距離が出せるロフト角は9°

目安として、キャリーで260yぐらい飛ばすことができます

 

一方、ヘッドスピードが40m/sの一般ゴルファーBさんの場合、

最大の飛距離が出せるロフト角は、理論上なんと13°

目安として、キャリーで213y

 

ちなみにBさんが9°のドライバーを使うと、理論上は206yになります

 

 

あなたは今、どんなドライバーを使っておられるでしょうか?

そのドライバーのロフト角を正確に知るだけで、ドライバーの飛距離が伸びるかもしれません

 

あ、300ヤード超ちゃった

 

 

人気記事

今、一番売れているレッスンDVD
↑のDVDのレビューサイトです
あと20ヤード飛距離を伸ばす超簡単な方法
クラブのスイートスポットを発見する方法
クラブのお手入方法(クラブをピカピカにしよう!)
古く、臭くなったグリップを新品に再生する方法
正しいクラブ長さの測定法
Best18動画レッスン