HOME

もうご覧になりましたか?

 

今、一番売れているDVD
日本でも屈指の名コーチの谷将貴プロコーチの最新DVDです

このDVDの内容を少し紹介しています
谷コーチのDVDレビューサイト

ゴルフ関係リンク集

 


腰痛先生の腰痛改善

ゴルフにつきものの腰痛を軽減するためのこと教えます

 

ゴルフサングラス専門店
ゴルフビジョン

ゴルフ専用サングラスはただのスポーツサングラスじゃない

 


ネットdeゴルフシューズ専門店

ゴルフシューズはネットで買って試し履きが出来る時代です

 

パッティングを極めるために

 

パッティングを極めるために

 

あなたは普段パッティングをするとき、どんな気持ちでグリーンに立つでしょうか?
「一発で沈めてやるぞ!」とか「ここは寄せよう」とか考えてるかもしれません

だけど寄せるのか、沈めるのか、その明確な線を引いてるゴルファーはかなり少ないと思います
そこをきっちり明確に決めてこそ、度胸が据わると言うものです

 

何メートル以内なら狙うのかをきっちり決めておきましょう

100以上のゴルファーの場合、だいたい2mが目安です
もちろんあなたのパッティング技術によって、その数字を3mにしたりするのは自由です

 

ここで注意すべきなのは、そのルールを決して破らないこと
それまでにたくさん叩いたから挽回しようとか、
バーディチャンスだから狙っていこうなんて考えないことです

 

それがきっかけで大崩れ、なんてことも多々あるからです

それを踏まえて、一般的に言われてる以下の項目をチェックしながら、
毎日練習すれば自ずと3m以上のパットも入るようになってきます

 

ボールの位置は目の下で
急いでたり、気が抜けた状態で打って外す人のほとんどが、ボールの位置がおかしくなってます

この基本は忘れないでください

 

 

グリップは両手で引き合うように
パターでは強く叩くことはないので、微妙なタッチに対応できるようほんの軽く握ってください
基本の中〜小指の6本で握る形でOKです

軽く握るを意識してください

 

いわゆる五角形を崩さない
両肩と両腕で作る五角形、 パッティングの基本ですね
分からなければ、どんなゴルファーに聞いても知っています

 

これを崩さないように打つことで余計な力が入らなくなります

なんか窮屈だって?そのうち慣れます

 

方向性よりも強さを意識
ロングパットでもショートパットでも、一番怖いのはオーバーとショート
方向は多少ずれても距離さえ合っていれば次のパットが簡単になります

だけど距離が間違ってたら大変なことに
せっかく2オンでき、1mのピンそばにつけたのに、
オーバーとショートを繰り返してトリプルボギーなんてことは多々あります

まずは距離感!

 

 

30ヤード手前からグリーンの高低差を確認
グリーンに入る30ヤード手前からグリーンのどこが高いかを確認します
グリーンに立ってからではイマイチ分からない高低差も離れて見るとよく分かるものです

 

見える、私にも芝の目が見える・・・

 

 

人気記事

今、一番売れているレッスンDVD
↑のDVDのレビューサイトです
あと20ヤード飛距離を伸ばす超簡単な方法
クラブのスイートスポットを発見する方法
クラブのお手入方法(クラブをピカピカにしよう!)
古く、臭くなったグリップを新品に再生する方法
正しいクラブ長さの測定法
Best18動画レッスン