このサイトについて
数あるゴルフ関連のホームページの中から、当サイトにお越しいただき、ありがとうございました。このサイトは、シンプルに、誰もがスライスを直すための最短距離の方法をひとつだけお伝えしています。文字だけの怪しいサイトとお思いかもしれませんが、決して怪しいサイトではございません(って書くと余計怪しいかも!?)。

このサイトでお伝えすることは、特にアベレージ100以上の方を対象に書かせていただいています。アベレージ90台の方にも役立つかもしれません。80台の方はスライスなんて、たまにしか出ないでしょ? シングルの方はこっそりお帰り頂くか、代わりにご指導お願いしますm(_ _)m

 

スライスの矯正法

一節によるとアベレージ100以上のゴルファーの8割〜9割が、
スライスに悩んでいるそうです。

 

あなたの周りにも
「スライスさえ直れば、もっと飛ばせるのに」
「あのときスライスが出なければ、100を切っていたのに」

などの嘆き節が聞かれることも多いかもしれませんね。

 

長い人だと、30年のゴルフ歴でずっとスライスが直らないという方もおられます。

 

スライスを直すことは半ばあきらめて、
ラウンド中のOBは、1度や2度は、必ずあるものとしてプレーされてる方もおられます。

 

スライスはゴルフ歴が長いと、自然に直るというものではありません。
積極的に矯正しないと、直らないのです。

 

 

 

 

 

 

スライスでお悩みの方の中でも
「アイアンではまっすぐ飛ぶのに、ドライバーだとスライスしてしまう」
という声が一番多く聞かれます。

 

ドライバーはシャフトも長く、ヘッドも重いので、
インパクトの時にクラブフェイスが最も安定しにくいクラブだと言えます。

 

なので、アイアンではごまかせていたスイング中の【ちょっとしたズレ】が、
ドライバーだと誤魔化しきれずに、スライスを引き起こしてしまう原因になるんです。

 

 

アイアンでスライスが出ないので、
ドライバーでスライス矯正の練習をする人が多いと思いますが、
それはあまりオススメできません。

 

アイアンでのスイングの精度が上がらないのに、
ドライバーでの精度があがるはずが無いのです。

 

アイアンではスライスが出てないので、
一見、いいスイングが出来ていると思いがちですが、
ドライバーでスライスが出るということは、アイアンのスイングでも、
その問題を内包していることを表しています。

 

 

つまりアイアンからスイングを変えていかないと、
スライスは一生、あなたにつきまとうかもしれません。

 

ほっといたらもちろん、医者に行ってもなかなか直らない、
慢性的な病気のようなものです。

 

直るものなら、直してしまったほうがいいんです。
でも今までどおりのゴルフをやっていても、直りません。

何かキッカケが必要なのです。

 

 

 


 

そのキッカケの一つとして、もしかしたらこの練習法はいいかもしれません。

 

いろんなゴルフ練習法やゴルフ理論がありますが、
実際にアマチュアゴルファーにレッスンを付けてる方の話の方が参考になるのは、
言うまでもありません。

 

 

もちろん本来なら、有能なコーチがいる、
ゴルフレッスンに通うのが一番いいのかもしれません。

 

しかし、時間もお金も必要になりますし、
高い授業料を払って、自分に合わない人だったら最悪です。

 

 

 

 

このゴルフシンプル理論は、比較的リーズナブルな金額で、
有名なトッププロコーチの教えを学ぶことができます。

 

まずは、このゴルフシンプル理論からはじめてみて、さらに上を目指すなら、
レッスンを受けることなどを、考えてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

もしかしたら、これが80台、果てはシングルプレーヤーになる
キッカケになるかもしれません。

 

80台になることを想像しながら、練習に取り組むと、
上達も早いし、何より練習が楽しくなりますね。

 

 

これから、飛躍的なレベルアップを遂げる、あなたのゴルフライフの、
最初のきっかけになれば、私も嬉しく思います。

 

 

ゴルフシンプル理論
有名なコーチなので、テレビや雑誌で見たことあるかもしれませんね